【素朴な疑問】23エアリティと22イグジストは、どこが違うのか? | MKフリースタイルチャンネル

★当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【素朴な疑問】23エアリティと22イグジストは、どこが違うのか?

2023年の新製品として発売された『23エアリティ』ですが、前回のブログでもお話ししましたが、個人的には『21ルビアスエアリティ』を昨年2022年に購入して愛用していますので、今回カタログ落ちしてしまったことがかなりショックでした(・・;)

個人的には、21ルビアスエアリティが発売された時、何で『ルビアス』なんだろうか?とは思いました。

ルビアスと名前が付くことで、ルビアスの上位機種みたいなイメージを持ってしまう気がしてました。実際は、ルビアスとルビアスエアリティを比べると、性能的には全く違うのに残念な印象はありました。

発売して2年でカタログ落ちさせて、あえて新しく『23エアリティ』として今回新発売させたということは何か、秘密があるのでは?と思いました(^^)

実際に現物も触ってみまして、またカタログで、スペックを比較しながら、細かく見ていきたいと思います。

ダイワ(DAIWA)
¥51,483 (2024/06/13 23:15時点 | Amazon調べ)

見た目は、かなりカッコいいです

見た目のカラーリングはカッコいいですね(^^)

巻いた感じもやはり、かなり軽く剛性感を感じます(^^)

23エアリティと21ルビアスエアリティのスペックを比べてみます

 23 エアリティ(LT2000S-P)21 ルビアスエアリティ(FC LT2000S-P)
巻取り長64cm64cm
ギア比4.94.9
自重145g150g
BB/ローラー11/111/1
定価63500円57400円

23エアリティと22イグジストのスペックを比べてみます

 23 エアリティ(LT2000S-P)22 イグジスト(LT2000S-P)
巻取り長64cm64cm
ギア比4.94.9
自重145g155g
BB/ローラー11/112/1
定価63500円100000円

23エアリティと22イグジストの同番手の価格差約4万円の差は何か?

 23 エアリティ(LT2000S-P)22 イグジスト(LT2000S-P)
ボディ素材マグネシウムマグネシウム
ローター素材ZAIONZAION
BB数1112
ボディ内BBBBMS BB
自重145g155g

同じ番手での価格差は、どの部分で違いが出ているのでしょうか?

まず、ボディ素材、ローター素材共に同じものを使っています。

BB数の違いは、両者で1つだけで、スプールの受け部分が、エアリティは樹脂カラーをイグジストはBBが採用されています。この1つの違いですので、エアリティのカラーをBBに変更してしまえば、同じになります。

細かく見ていきますと、ボディ内のBBが、エアリティが通常のBBに対して、イグジストの方が、MS BB(マグシールドBB)になっています。

価格差はほぼ、このMS BBの部分と言えます。

このMSはかなりの優れもので、防水性能の優れていまして、ボディ内への海水の進入がほぼ皆無になりまして、そのために耐久性も自ずと高まりますし、剛性感も違ってくると思われます。

23エアリティと22イグジストを実釣すると、その違いはあるのか?

ダイワ(DAIWA)
¥51,483 (2024/06/13 23:15時点 | Amazon調べ)

スペックを見る限り、ボディ素材、ローター素材も同じ、BB数もほぼ同じですので、ボディ剛性にもそこまで差はないと思われます。

考えられるとすれば、MSにより更にボディの密閉性が上がり、22イグジストの方がよりボディ剛性があると思われますが、その違いを実釣で感じ取るには、例えば、普段からこの22イグジストを使い込んでいれば、魚を掛けた時、ロッドをアクションさせている時、さまざまな時に、リール自体のカチッと感の違いを感じ取れる位のレベルではないのでしょうか?

そう考えると、今回の23エアリティは、リール自体のボディ剛性、軽さを兼ね備えて、フラッグシップモデルの22イグジストの性能に近付けて、価格を4万円近く抑えているのは、凄いことですし、ダイワさんの本気度が伝わりますね(^^)

個人的には、アジング、エギングでの使用を考えたいところなのですが、昨年購入しました21ルビアスエアリティをリアルタイムで使用していますので、厳しいところです(^^;)

んーーーー悩ましいところです(^^;)


上に戻る