お手軽簡単!ロッド&リールのメンテナンス! | MKフリースタイルチャンネル

★当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

お手軽簡単!ロッド&リールのメンテナンス!

みなさん、普段の釣行後のロッドとリールのメンテナンスって、されてますか?

私は釣りも好きですが、釣り道具もかなり好きなので、毎回釣行後、家に帰るとすぐにメンテナンスしてます(^^)

今回は、私が行ってますメンテナンスをご紹介します(^^)

なぜ、メンテナンスは必要なのか?

釣行後にするメンテナンスは、とにかくロッドとリールに付着している海水を取り除くことが目的です。

これをすることで、塩がみとか、塩による腐食とか、ロッドなどの固着を防ぐことができますので、結果的に、道具が長持ちします(^^)

では、まずは、ロッドから!

やり方は簡単です。

とにかく、水で洗い流して、海水を取り除くことです。

特に、大事な部分が、ガイド部分です。

上の写真の様に、ジャバジャバと洗って下さい。並継のルアーロッドなどは、ロッドの繋ぎ目も重要です。ここを綺麗にしてないと塩がみしたりしますので、注意して下さい。

ロッドのメンテナンスの最後の仕上げ!

ロッド全体を水で海水を綺麗に洗い流しましたら、乾拭きタオル等で、水気を取り除きます。

ボナンザ
¥1,782 (2024/04/17 01:23時点 | Amazon調べ)
\Rakuten お買い物マラソン 開催中!/
楽天市場で探す

最後に、私は上の写真のボナンザのスプレーをしています(^^)

スプレーと言いましても、白い泡状態ですので、この泡をタオルに取り、ロッド全体に満遍なく、薄く塗ります。

これを塗ることで、次回の釣行の時に、ある程度、水気を弾いたり、ガイドの保護ができたりしますので、一石二鳥の効果があります(^^)

これで、ロッドのメンテナンスは終了です。簡単でしょ(^^)

続いて、リールです!

リールもロッド同様に、水で洗います。

最近のリールは、かなり精度が上がってまして、密閉度も高いので、要点だけ押さえていれば、水洗いできます(メーカーによって、水洗いできるものできないものもあります)。

では、手順をご説明します!

まずは、上の写真の矢印部分のドラグノブを右に締め込んで、完全に固定されるところまで締め込みます。

続いて、ハンドル等も全て、リールにセットします。

セットできましたら、水洗いします。

リールメンテナンスの最後の仕上げです!

洗い終わりましたら、乾いたタオルで水気を取っていきます。

この時、ハンドル、スプールを外して、ある程度まで、バラして水気を取ります。

最後に、上の写真の矢印部分のラインローラーに専用のオイルを塗ります。

シマノ(SHIMANO)
¥1,460 (2024/04/17 01:23時点 | Amazon調べ)
\Rakuten お買い物マラソン 開催中!/
楽天市場で探す

私の使っているリールはシマノ製ですので、シマノの専用オイルを使ってます。

これで、リールメンテナンス終了です。簡単でしょ(^^)

投げ釣り用のリールなどは、時々、リールのスプールを外して、数時間だけ水につけたりして、塩を取ることもありますが、基本は上記の流れでやってます。

疲れて帰って、すぐにメンテナンスってのは、難しい面もあるかと思いますけど、大切な道具を長く使うためにも、ちょっとだけ、メンテナンスも頭の中に入れといて下さい(^^)

可愛がると、道具たちも、きっと喜びますよー(^^)

今回紹介の商品リストです!

ボナンザ
¥1,782 (2024/04/17 01:23時点 | Amazon調べ)
\Rakuten お買い物マラソン 開催中!/
楽天市場で探す
シマノ(SHIMANO)
¥1,460 (2024/04/17 01:23時点 | Amazon調べ)
\Rakuten お買い物マラソン 開催中!/
楽天市場で探す

エギング関連の記事はこちらです!


上に戻る