ドアスタビライザーって、知ってますか? | MKフリースタイルチャンネル

ドアスタビライザーって、知ってますか?

私は若い頃にトヨタ車に乗ってまして、この『ドアスタビライザー』という商品は、かなり前から、トヨタのメーカー系ブランドのTRDから発売されていたことは知っていました。

この『ドアスタビライザー』は、半ドア状態のドアをモーターで引っ張る「ドアクローザー」をヒントに誕生したと言われています。

『ドアスタビライザー』の狙いは、ストライカー部分の隙間を埋めることで、開口部の面積が大きいドア周辺の歪みを抑えるということです

『ドアスタビライザー』を装着することで、ボディに一体感とドア周りの剛性がアップして、実際に走行した時に効果があるとのことでした。

実際には、高速道路でのレーンチェンジとか、緩やかなカーブを走行する時など、ハンドルをゆっくりと切り込みながらの走行時には効果を実感できるという謳い文句でしたので、試してみたくなりました(^^)

今回は、TRDの商品ではなくて、トヨタ車の純正部品を作っている『AISIN』から発売されているものを使いました。

エブリィワゴン用ではないのですが、スズキのジムニー用がおそらく使えるみたいなので、それを使ってみました。

取り付けは、簡単です!

車両側のストライカーを外します

純正と製品を比べてみると、ドアの受け側になる「ドアストライカー」の厚みの違いがよくわかります。

ドアストライカーを取り付けます

ドア側にも厚みのあるプレートを貼り付けることで、しっかりとテンションがかかります(^^)

ドアとボディの微妙な隙間がなくなって、ドア周りの剛性が上がるわけです。

スライドする側が車側になる様に取り付けします。

ドア側にプレートを取り付けます

取り付けたベースプレートにプラスティックプレートを取り付けます

プラスティックのプレートの向きを間違わない様にドアの内側から外側に向けて、スライドさせて取り付けます(ベースプレートに爪がありますので、カチッと取り付けることができます)。

これで、完成です。

私のエブリィワゴンは、ドアストライカーもベースプレート共に通常のネジ(車によっては、トルクスネジで止まっています)で止まってましたので、そのネジを外して、そのネジで取り付けました。

取付説明書では、トルクスネジで止まっている車両だと、トルクスネジを緩める専用工具を使って、取付ける時もトルクレンチを使う様に記載されていましたが、私の場合は、トルクレンチは使わなくて、手締めでやりました。付属のトルクスネジで、ドア側のプレートだけを取り付けることもできます。

インプレッションしてみましょう!

まずは、ドアを閉めてみます。

少しドアの閉まりは悪くなったと言いますか、片手で閉めた時に、カチッと閉まらない時はありますが、ドアの締まり、密着度は確実に上がっています。手を添えて閉めれば、確実に閉まりますし、かなりガッチリと閉まるイメージです。

ドアを閉める時の音は明らかに変わりました。重い音に変わって、ガチッと閉まります(^^)

次に実際に走行してみました(^^)

真っ直ぐ走っている時ははっきり言いますと、違いがわかりません。

ですが、少しスピードを上げて、緩やかなカーブとか、車がねじれる時にはその違いは体感できます(^^)

たかがドア周りと思っていましたが、ドア周りの取付剛性が上がったためか、車がしっかり頑張ってる感じがします(^^)

これは、少し山道とかのワインディングロードなどを走ると気持ちいいのでは(^^)

私的には、取り付けて良かったと思いました(^^)

ただ、値段的には1万円を超えていますので、全ての人にはどうかと言われたら^^;

ネットで無印の4〜5千円位の安いものもあるみたいなので、試しにそれをつけてみて良かったら、正規品「メイドインジャパン」に替えるというのもありかなと(^^)

気になった方はお試し下さい(^^)

ふるさと納税サイト「ふるさと納税ニッポン!」

故郷がなくても、ふるさと納税を利用できますか?

返礼品数は15,000点を突破!!定番のお肉、お米など多くの返礼品を取りそろえております。

ふるさと納税サイト「【ふるさと納税ニッポン】」は

  1. 発売部数No.1の雑誌「【ふるさと納税ニッポン】」と連動!Amazon税金ランキングで毎年1位獲得!
  2. ふるさと納税ユーザーのリアルなクチコミが満載です!
  3. もっと自治体のことが知りたい…ライターによる100%取材記事で自治体の魅了を深堀できます!
  4. 公式Instagram、Twitter、LINE、YouTubeにて自治体の魅力を幅広く発信しています!

などの魅力ある情報を発信しています。

ふるさと納税ニッポン】は、他サイトと比べて、返礼品を作っている生産者の取材内容を多く掲載しているほか、 基本利用属性は高所得者層が多く、高額の寄附申込を多数いただいています。

雑誌とWEBを合わせた掲載自治体数は200自治体を超え、両掲載の返礼品数は15,000点を突破し、

定番のお肉、お米等食品の主要な返礼品を取り揃えております。(2020年10月時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



上に戻る