【新製品】ぶっ飛び&安定フォール エメラルダスフォール LC ラトル | MKフリースタイルチャンネル

★当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【新製品】ぶっ飛び&安定フォール エメラルダスフォール LC ラトル

ついに、大好きな秋アオリシーズンに突入しましたね(^^)

連日、Twitterのフォロワーさんの釣果写真を見ながら、全国のアオリイカを見ながら興奮が止まりません(^^)

この秋のシーズンに合わせて、各メーカーさんも新製品を発売されて、魔界に行くと目移りして、じーーーっとエギの色を見つめる変なおじさんになってしまいます^^;

ところで、みなさんは2.5号のエギはどんな場面で使われますか?

私の場合は、秋シーズンに入ってすぐの時期も3.0号がメインなんです。

それは、小さいエギを使ってアオリイカを釣っても釣れるアオリイカが小さかったら、結局はリリースしてしまうことが多いので、それを避ける意味でも3.0号をメインで使っています。

2.5号を使うタイミングは3.0号で沖からイカを寄せてきて、手前には来るけど、中々エギを抱かないという時に同じカラーとか同型色などの2.5号に変えて抱かせるということがあります。

どうしても、2.5号だと遠投性が落ちてしまうので、3.0号と比べると使う頻度は少なくなります。

それ故に、私はそんなに2.5号のエギを持っていないんです^^;

それで今回ご紹介します『エメラルダスフォール LCラトル』は、LCというロングキャストができるエギという謳い文句に興味を持ちました(^^)

元々この『エメラルダスフォール』というエギの特徴は、イカが抱きやすいフォール姿勢をすることができるということで昔から定評のあるエギでしたが、今回のLCのラインナップに2.5号がありましたので、今回使ってみようと思ったわけです(^^)

ダイワ(DAIWA)
¥2,480 (2024/04/15 17:48時点 | Amazon調べ)
\Rakuten お買い物マラソン 開催中!/
楽天市場で探す

飛距離のキモは、磁着式重心移動を搭載したこと

元々安定したフォール姿勢で定評のあったエメラルダスフォールに今回新たな『重心移動』を搭載して新登場しました。

ボリューム感のあるボディーによって水中のフォール姿勢が安定して、スレたイカに警戒心を与えにくいコンセプトはそのままに、今回新たに磁着式重心移動を搭載したことで飛距離が飛躍的にアップしました(^^)

上の矢印のところにLCウエイト(球状ウエイト)が2つあります。

タイプは2種類で、ラトルタイプのノーマルタイプとシャロータイプ(タイプS)です

キャスト後に着水してフォールに移行すれば、しっかりと磁石がウエイトを固定するので安定したフォール姿勢をキープします。

また、ラトルタイプですので、シャクリ時は広範囲にイカにアピールします(^^)

上の矢印のところに小さなラトル球が3つあります。

上の写真を見ると、同じ2.5号のエギですが、シンカー部分の大きさがかなり違います。

タイプS(シャロータイプ)はかなりシンカーも薄いので、沈下速度もよりゆっくりになると思われます。

カンナ素材は従来通りの信頼高い日本製が採用されています

今回のエギも強度と刺さりの良さを両立した日本製素材が採用されています。

さーLCの遠投性能を試しに行きましょうかね(^^)

今年はTwitterを見ていても全国的にアオリイカの数が多くて、海水温の上昇も相まって、イカの成長も早い様な気がします(^^)

いろいろと釣れる確率を上げるために考えて、試行錯誤して、好釣果が得られた時の嬉しさを味わうことが私は1番楽しくて嬉しいんです(^^)

みなさん、共に楽しみましょう!


上に戻る