手返し重視!(秋イカ対応モデル)エメラルダスAIR AGS 75MLM です | MKフリースタイルチャンネル

★当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

手返し重視!(秋イカ対応モデル)エメラルダスAIR AGS 75MLM です

昨年(2020年)発売で、秋イカに使ってみたくて購入したかったのですが、余りにもの大人気で、メーカー納期未定で手に入れることができませんでしたが、今年運良く、私のところにやってきました(^^)

私はこれまでに秋イカシーズンには、86のレングスをずっと使ってきてまして、ロッドの硬さもMLという、割と柔らかめのものを使っていました。

ここ最近のエギング業界の中で、ショートロッドを各メーカーさんがラインナップに加えておりましたので、ずっと興味を持っておりましたが、その中で気になる商品が、今回ご紹介のエメラルダスAIR AGS 75MLMでした。

ダイワ(DAIWA)
¥38,055 (2024/02/28 12:33時点 | Amazon調べ)

その特徴は大きく3つあります。

75というショートレングスであること

ダイワのエギングロッド史上最軽量の76gであること

穂先は柔らかいMLタイプですが、材質はソリッドではなくて、チューブラータイプであること

以上の3つです(^^)

では、この3つの特徴がもたらす恩恵によって、このロッドがどの様な仕上がりになっているのかを実際に使ってみた感想を元に詳細をご紹介します(^^)

第一の特徴は、75というショートレングスです!

私がエギングを始めた10数年前は、80、83、86というレングスが中心でショートタイプはあまりありませんでした。

今回手に入れました75MLMは、昨年購入しました74MMH同様に、木森直樹さん監修のロッドです。

彼は私がエギングを始めた頃から有名で、和歌山県をホームグラウンドにするシャクレージーというチームのメンバーでして、その当時からショートロッドを使って、ちょっと太めの1.0号位のPEラインを使って、ガンガンとシャくるスタイルでエギングをされてました。

彼はその頃からメンバーの中で唯一、ダイワさんのロッドを使われてました。

74MMHは、その彼が得意とする『サウンドジャーク』をリズミカルに行うことができる、強めの高反発ショートモデルです。

バットをハードなMHとして、ティップをMにして、しなやかさを加えて、春の大型アオリイカに対するパワーでありながら、軽快さも持ち合わせるというコンセプトを持っています(^^)

ダイワさんのホームページ内に、75MLMの紹介映像がありますので、一度、ご覧になってみて下さい(^^)

では、今回の75MLMはどうかと言いますと、ターゲットを秋イカにしてますので、当然、74MMHだとパワーが強すぎるために、バットをMに、ティップをMLにとワンランク落として、しかし、使用感は変えない様にと配慮されたモデルです(^^)

ダイワのエギングロッド史上最軽量の76gです!

私が常日頃に愛用してますシマノさんのセフィアCI4+のS806MLも発売当時から86レングスにして、94gという超軽量でしたが、今回の75MLMは、手に取ると凄まじく、その軽さを実感できます。

約20g近く軽くなるわけで、持ち重り感が減ることで、手に伝わる感度は間違いなく上がると思われます(^^)

穂先は、ソリッドではなくてチューブラーが採用されています!

アジングロッドでもよくありますが、感度をあげるために穂先にソリッドタイプが使われることがあります。

ソリッドをエギングロッドに使うと、穂先の柔らかさが振動という形で顕著に出てしまうために、監修の木森さんもそれを懸念されて、キャスト後にも穂先がピタッと止まる様に味付けするために、あえて穂先にチューブラーを使い、試作を重ねて、今回の75MLMが完成したみたいです(^^)

バットの強さと穂先のチューブラーでの柔らかさをうまく融合させているのでしょうね(^^)

穂先はとにかく、特殊な柔らかさと独特な曲がりを見せます

故に、小さなエギをキビキビと動かすことが可能となるのでしょうね(^^)

木森さん曰く、メインは3.0号のエギで、加えて2.5号もキビキビ動かすことができる様に開発されたとのことです。

74MMHの時にご紹介しました通りに、2つ特徴があります!

軽さと感度を高めたダイワさんの独自のAGSエアガイドシステムが採用されています。

それにより、抜群に感度がよくなっております。

HVSナノプラスという新素材が使われています

ダイワさんの説明で…

贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりに、カーボン繊維の密度を高めた「高密度HVSカーボン」はより筋肉質でパワフル、粘りや強度を重視したロッドに最適な素材となっており、ナノプラスにより、更に進化している。

要約すると…

以前のHVSよりも、カーボン繊維の密入量も増して、粘り、強度が抜群に上がって、より筋肉質なロッドになっています(^^)

ダイワ(DAIWA)
¥28,900 (2024/02/25 19:38時点 | Amazon調べ)

実際にホームグラウンドで使ってみました!

3.0号エギをキャストしてみます。

キャスト後の穂先の振動、振れがなくて、ビシッと止まります。

これは、バット部分の強さとのバランスがいいのだと思います。

更に、エギに様々なアクションを加えても、見た目の細さと相反して、ロッドの強さを感じます(^^)

私のロッドアクションだと、ダートを多用しますので、74MMHよりも75MLMの方が予想通り、しっくりきます(^^)

私は身長があまり高くない(172cm)ので、ショートロッドを使うと、シャクリ上げた時の最高到達点が低くなるので、今までは使うことがなかったんです。

あと、ショートロッドを使うと、遠投性が落ちるという概念を持っていましたが、75MLMをキャストした感じだとそんなに大差はない気がしました(^^)

今回はまだ、秋イカシーズンでの試投ではなかったので、シーズン突入しましたら、すぐに釣行してみたいと思います。

いつでもどこでも手軽に情報収集できる釣動画サービスを紹介します!

普段の生活の中で家にいるときや釣りの最中、または仕事の休憩時間など、ちょっとした時間があるときに見ているのが【釣りビジョンVOD】です。

釣りビジョンVOD】は、ほんとうに凄いんです。国内最大級の釣り動画が配信されていて、24時間365日釣り動画見放題なんです!

釣り動画の作品数は、6000本以上で毎月100本の新作が追加されています。

良く見ている動画は、エギング動画、アジング動画、そして投げ釣り動画です。

家でまったりくつろいでるときはパソコンで視聴し、外出先でのすきま時間ではスマホで簡単に見ることができます。

これから釣りを始めたい初心者の方、エギングやアジングをやっていて釣果に悩んでいる方、とても参考になりますので、ぜひ見てほしいです!!

現在、【釣りビジョンVOD】は初回14日間無料お試し中です。ますは14日間自分好みの動画を見まくって(^^)楽しんでください。


上に戻る