ターボサクションパイプキットって、凄い!装着すると、劇的に変化する! | MKフリースタイルチャンネル

★当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ターボサクションパイプキットって、凄い!装着すると、劇的に変化する!

今回ご紹介しますのが、京都府宇治市にあります、軽自動車のチューニングメーカーの『KCテクニカ』さんのDA64W エブリィワゴン用のターボサクションパイプキットです。

私のエブリィワゴンは、エンジン型式が、DA64Wの5型ターボです。

我がエブリィは、タービンとエアクリーナーを繋ぐゴミホースが柔らかくて、アクセルを踏み込んで、フルブースト(ターボが効いている時)で走行中に、このゴムホースが収縮を繰り返して安定したブースト圧が得られないんです。

つまり、エンジンのパワーロスがあるわけです。

まだ、新車で下して乗り始めた頃は、よく走ってました(実際はまだまだよく走っている方だと思います)が、ある程度、距離を走った車であれば、段々と走らなくなってきたと感じることが多々あるでしょう。

このゴムホースを今回ご紹介のターボサクションパイプに交換することで、ゴムの収縮がなくなりますので、それまでは力が逃げていたのが逃げなくなりますので、しっかりとブーストがかかって、車の加速力が増した様に感じると思います。

ある意味、エンジンが元気になったのでは?と間違う位ですよ(^^)

ターボ サクションパイプキットの部品構成は?

至ってシンプルです。サクションパイプ✖️1、ホース(内径/45パイ)✖️2、ホースバンド✖️4の以上となります(^^)

定価15000円(税抜)です。
KC TECHNICA (KCテクニカ)
¥21,525 (2024/06/19 17:14時点 | Amazon調べ)

取り付け方法ご説明します。

助手席のシートロックを外して、エンジンルームが見える様にします。

上記の矢印のパイプがゴムホースになっております。

このホースを今回購入のサクションパイプ(ステンレス)に変更して、付属のホースとホースバンドで取り付けます。

サクションパイプの取り付けには向きがあります

逆に取り付けしますと、ホースに届きません。向きを確認して、取り付けて下さい。

以上で、取付の完成です(^^)

このサクションパイプキットの開発コンセプトは?

実は、この商品のことは、エブリィワゴンを購入した後、割と早くに既に知っておりました。

とにかく、その効果は最初にお話した通りで、ノーマルのゴムホースが柔らかくて長いために、問題があるんです。

繰り返しになりますが、ノーマルでは、タービンからエアクリーナー間のゴムホースが柔らかく長い為にフルブースト走行中にゴムホースが収縮を繰り返して、安定したブースト圧が得られません。

そこで、このゴムホースをステンレスパイプ(SU304)に変更することで、フルブースト走行中の安定したブースト圧を実現でき、ホースの収縮がなくなるのでレスポンスも向上するわけです。

簡単に言いますと、アクセルを踏み込んで、ターボが効いてきて、加速していく時に、このゴムホース部分で、力が逃げてしまって、力の全てが伝わらなくて、ロスしているので、それを無くすことがこの商品の開発コンセプトです(^^)

では、走行してみましょう!

走り出したら、すぐに、わかります(^^)

低速から中間域まで、ストレスなく加速します。

それから、KCテクニカさんの商品説明通り、アクセルレスポンス、つまり、アクセルを踏む量に応じて、車が素直に動いてくれますねー(^^)

元々、DA64W後期のエブリィワゴンは、高回転域でのパワーはありましたが、低速から中間域までが良くなりましたので、更に乗りやすくなった印象です(^^)

我がエブリィは、175000kmを軽く越えている過走行車で、それでもこんなに体感できるのですから、もっと、走行距離の少ない車だと、更に劇的な変化が出ると思いますよ(^^)

いかがでしたか?

外から見えない場所ですが、これぞ、お手軽なパワーアップ方法ですよ(^^)

今回紹介の商品リスト

KC TECHNICA (KCテクニカ)
¥21,525 (2024/06/19 17:14時点 | Amazon調べ)

エブリィワゴン関連の記事はこちらです!


上に戻る